Denon
Denon Home Sound bar 550 Special interviews |
Sound of the times
DENON × 林 哲平
エモーショナルなサウンドで映畫を楽しむ。
自社の住宅商品に合わせて自分たちでオリジナルのCMを作っているのですが、その制作過程で、“音で聴くCMの良さ”というのを感じたんです。ドラマや映畫にももちろん通じると思うのですが、目で見る映像よりも、実は耳で聴く音によって感情が高揚することが多い。小田和正さんの曲が流れるだけでうるっとしてしまうとか、靜かなナレーションのワンフレーズが心にしみるとか、音がエモーショナルな感覚を揺さぶる。僕が感じる良い音というのは、そういったエモーショナルな感覚と結びつくことが多い。
自社の住宅商品に合わせて自分たちでオリジナルのCMを作っているのですが、その制作過程で、“音で聴くCMの良さ”というのを感じたんです。ドラマや映畫にももちろん通じると思うのですが、目で見る映像よりも、実は耳で聴く音によって感情が高揚することが多い。小田和正さんの曲が流れるだけでうるっとしてしまうとか、靜かなナレーションのワンフレーズが心にしみるとか、音がエモーショナルな感覚を揺さぶる。僕が感じる良い音というのは、そういったエモーショナルな感覚と結びつくことが多い。
最近は韓國映畫にどっぷりですが、昔からとにかく映畫が大好きなんです。今回、Denon Home Sound Bar 550で映畫を楽しませてもらいましたが、音に関しては、もうこれで充分! ですね。ダイアログエンハンサーを使うと、セリフがより聴き取りやすいですし、役者の息遣いまで聴こえてきそうな繊細さも感じました。
Image
Image
自宅で、そんな映畫のエモーショナルなサウンドをDenon Home Sound Bar 550で楽しむなら、まず思いつくのがケビン?コスナー主演『ダンス?ウィズ?ウルブズ』。長回しで捉えた大草原のワンショットが素晴らしいのですが、ただただ大自然を捉える音なき音は、想像するだけでエモい。あるいは、アル?パチーノとロバート?デ?ニーロ共演のハードボイルド作品『ヒート』。尋常じゃない數の銃火器が登場し、とんでもない數打ち込まれる銃弾音を、サラウンドで全身で浴びてみたいですね。一風変わったところでいうと、井筒監督の『二代目はクリスチャン』。韓國映畫に通じるような、役者たちの生っぽい演技を、じっくり上質な音で楽しむのもいいですね。
住宅における音響設備って、後付けであることが多いんですよね。例えば新築住宅やリノベーション物件を考えるとき、収納やキッチンなどの水回りに関しては、こだわりを持って向き合う方も多くいますが、スピーカーなどの音環境に関しては、どちらかという軽視されがちでした。けれど、自宅でエンターテインメントを楽しむ流れがこれほど加速しているいま、上質な音のあり方、音響設備をどう捉えるかは住宅メーカーのミッションだと痛感しました。住宅にエンターテインメントを! というのが僕が常々考えていることですが、たとえばあとから導入する場合でも、Denon Home Sound Bar 550はコンパクトでいいですよね。同じシリーズのスピーカーを後ろにおいてサラウンドを楽しめる拡張性※も面白い。住宅におけるプラットフォームの中に音響を取りれていけば、家づくりがもっと楽しめると思います。
※ファームウェアアップデートによる対応を予定しています。
Image
住宅における音響設備って、後付けであることが多いんですよね。例えば新築住宅やリノベーション物件を考えるとき、収納やキッチンなどの水回りに関しては、こだわりを持って向き合う方も多くいますが、スピーカーなどの音環境に関しては、どちらかという軽視されがちでした。けれど、自宅でエンターテインメントを楽しむ流れがこれほど加速しているいま、上質な音のあり方、音響設備をどう捉えるかは住宅メーカーのミッションだと痛感しました。住宅にエンターテインメントを! というのが僕が常々考えていることですが、たとえばあとから導入する場合でも、Denon Home Sound Bar 550はコンパクトでいいですよね。同じシリーズのスピーカーを後ろにおいてサラウンドを楽しめる拡張性※も面白い。住宅におけるプラットフォームの中に音響を取りれていけば、家づくりがもっと楽しめると思います。
※ファームウェアアップデートによる対応を予定しています。
ライブに行く機會が減った分、ライブ映像を見たりライブ盤を聴くと、まるでその場に自分がいるような疑似體験ができる。Denon Home Sound Bar 550のような上質なサウンドシステムで聴けば、その臨場感は一層高まりますよね。良い音は、時間も空間も超えて自分の中にバーチャル體験を生み出すことができる。耳からの情報に感覚が集中することによって、逆に五感が解放されるというか、音というメディアが持つ魅力のひとつだと思います。
ライブに行く機會が減った分、ライブ映像を見たりライブ盤を聴くと、まるでその場に自分がいるような疑似體験ができる。Denon Home Sound Bar 550のような上質なサウンドシステムで聴けば、その臨場感は一層高まりますよね。良い音は、時間も空間も超えて自分の中にバーチャル體験を生み出すことができる。耳からの情報に感覚が集中することによって、逆に五感が解放されるというか、音というメディアが持つ魅力のひとつだと思います。
部屋

製品の詳細を見る

部屋

製品の詳細を見る

林 哲平

林 哲平(マーケティングプロデューサー)

広告、出版系の企業にて、映畫?ファッション業界をはじめ、様々な企業の広告?プロモーションに関わる。ベツダイ入社後は、グッドデザイン賞受賞住宅「ZERO-CUBE」のブランディングを擔當。2010年より、新築規格住宅のフランチャイズ『LIFE LABEL』、住宅エンターテインメントメディア『Dolive』の2つのネットワーク主宰。
林 哲平

林 哲平(マーケティングプロデューサー)

広告、出版系の企業にて、映畫?ファッション業界をはじめ、様々な企業の広告?プロモーションに関わる。ベツダイ入社後は、グッドデザイン賞受賞住宅「ZERO-CUBE」のブランディングを擔當。2010年より、新築規格住宅のフランチャイズ『LIFE LABEL』、住宅エンターテインメントメディア『Dolive』の2つのネットワーク主宰。
Sound Of the times
土井地 博
谷尻 誠
© 2020-2021 Sound United, LLC. All Rights Reserved.
24小时日本在线www